レディ

保険相談を受けるメリット|ランキングで調べられる

保障で税金の額を減らす

男女

トライしやすい節税テク

加入している保険があれば、節税対策の1つとして活用出来る可能性があります。多くの方が加入している医療や介護に関する保険は、ほぼ節税対策に使えます。また、万が一死亡した場合の生命保障や年金保障に関する保険も、節税対策として大いに利用出来る商品です。このような保険商品は、所得税の軽減に主に利用されます。税額を算出する際には、その年の所得額から控除という名目で、様々な費用を引くことが出来ます。控除の額が多いほど、所得の金額が少なくなりますので、かかってくる税金の額も下がります。保険商品を利用している場合の控除額は、保険の種類や支払った保険料の金額によって変わることから、所定の計算式などに当てはめてその度ごとに計算することになります。所得の額が変わらない場合でも、保険商品などを利用して控除の金額を増やせば、少なからず節税対策が講じられます。従って、賢く節税対策を行う際には、控除になる費用の内容についても調べておきたい所と言えます。保険商品の場合は、保障という本来のメリットの他に、こういった税制度でもプラスアルファの恩恵が得られます。国に支払う所得税と各自治体から請求される住民税は、それぞれ算定の基準が異なる部分があるため、自分が居住する自治体のルールについて把握しておくことが、節税対策を進める際の心得となってきます。住民税の算出方法は、各自治体に直接問い合わせると大体の所は教えてもらえます。